yamada

ECOwine エコワイン

ECOwineは最新の無線技術を照明に展開した、新しい照明制御システムです。
ECOwine対応の照明器具とコントローラー(ゲートウェイ)そしてコントロール用のタブレットから成り、最大120台の照明機器がメッシュネットワーク無線で制御できます。制御用の配線が不要で、照明器具は自由にグループ制御・個別機器制御でき、調光・調色によるシーン制御、EnOcean®のスイッチ、センサーとの連動、曜日や季節に応じたタイムスケジュール制御など様々な運用が行えます。

  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例
ECOwineで可能になったこと
複雑な配線は不要。
簡単に設置でき、設置後の移動も自由
照明器具に電源をつなげば、あとはゲートウェイを稼働するだけです。制御機器の工事も必要なく、細かな調色・調光が可能になりますので設置後の照明器具の移動も自由です。
照明コントロール
無線コントロールで空間のあらゆるエリアから
照明の明るさと色温度を自由にコントロール
ゲートウェイから半径30m以内に最初の照明器具を設置すれば、より遠方の照明器具とも「マルチホップ通信」で繋がるので非常に広い範囲で照明器具制御が可能です。(周囲環境や構造、材質、家具等の影響で変動する可能性があります。)
無線コントロールで空間のあらゆるエリアから照明の明るさと色温度を自由にコントロール
0.1%からの調光が実現、2700K~5000Kまで滑らかに調光
理想の調光・調色が可能になりました。
一般的なPWM調光の場合、制御方式の特性から調光率の下限が5%~15%とやや高く、照明変化が多少段階的に見えることから、明るさを絞ったデリケートな演出による連続的動作にはあまり適しません。
エコワイン対応器具は下限0.1%まで調光できるため、細やかな演出が可能です。
0.1%からの調光が実現
最大30のイベントシーンと
5シーンのスケジュールシーン、そして年間運用管理が可能
生物に備わる昼と夜を作り出す1日の生体リズム。エコワインはその生体リズムに合わせてあかりを自動調色・調光させるプログラムを搭載。太陽の動きに合わせて、日の出から日の入まであかりを自動的に変化させることで、調色・調光を楽しみながら、人間が本来持っている、身体のリズムを整えられるようにサポートします。
5シーンのスケジュールシーン
  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例
※バリエーション、導入・設置、および費用のお見積りなど詳細はご相談ください。(お問い合せのフォームはこちらから)