yamada

ECOwine エコワイン

ECOwineは最新の無線技術を照明に展開した、新しい照明制御システムです。
ECOwine対応の照明器具とコントローラー(ゲートウェイ)そしてコントロール用のタブレットから成り、最大120台の照明機器がメッシュネットワーク無線で制御できます。制御用の配線が不要で、照明器具は自由にグループ制御・個別機器制御でき、調光・調色によるシーン制御、EnOcean®のスイッチ、センサーとの連動、曜日や季節に応じたタイムスケジュール制御など様々な運用が行えます。

  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例
対応機器
2015年10月現在でECOwine対応照明器具はミュージアムスポット3機種のみですが、すでに様々な製品が特注仕様で運用され始めています。また、対応照明器具だけでなくPWM制御無線ユニットを使えばダウンライトなど一般の照明器具も同一システムにてコントロールできます。
エコワイン対応 調色・調光照明器具
無線モジュールを内蔵しているのでそのままエコワインシステムに接続できます。
エコワイン対応 調色・調光照明器具
セミカスタマイズ対応器具
特注で無線制御モジュールを搭載しエコワイン対応器具を製作できます。
セミカスタマイズ対応器具
PWM制御無線ユニット
一般的なPWM調光対応の器具もPWM制御無線ユニットを使用してECOwineに参加できます。PWM制御無線ユニットに接続された照明器具は、一つの照明器具として認識されます。内蔵リレーにより電源をオフする機能も持っていますので、待機電力のロスも発生しません。
PWM制御無線ユニット
EnOcean
電池不要のスイッチ ー EnOcean

EnOcean®は、動作、振動、温度、光などの極小エネルギーを活用し、無線スイッチやセンサーを駆動する画期的なソリューション規格です。世界各国で25万棟以上の建物で活用され、互換商品は1000種以上になります。最大の特徴は、電源を必要としない点で、これにより電池交換の必要もなく、環境や運用に配慮した究極の商品です。


TAP-17C

Harvest Energy - 光エネルギー
光エネルギー 40lx以上の僅かな明るさで発電し、定期的に明るさ情報をゲートウェイに送信します。周辺が暗くなった場合は、蓄電力で8時間データ送信を継続します。蓄電に電池ではなくキャパシタを使用しているので電池寿命の心配がありません。


BJSWitch 4ch
Harvest Energy - 人の動作-

スイッチを押すエネルギーで瞬時に発電しゲートウェイに動作データを送ります。スイッチ5万回の耐久性があります。

人の動作

※表示しております価格は機器本体価格です。配線・取付等の工事費、搬入、調整費は含まれておりません。
バリエーション、導入・設置、および費用のお見積りなど詳細はご相談ください。(お問い合せのフォームはこちらから)
  • ECOwine概要
  • ECOwine特長
  • ECOwine対応器具
  • ECOwine応用事例