yamada

心地よくやさしい照明が求められる、医療・介護施設
空間ごとのニーズに細やかに応え、心をなごませるLEDのあかりが、生命と健康をはぐくむ現場を快適にサポートします。

病棟照明


患者さまにとって治療の場であるとともに生活の場でもある病棟には、自然にやさしく照らしながら部屋全体に適切なあかりをもたらす天井照明がおすすめです。患者さまが横になっても直接ランプが見えない、まぶしさに配慮した照明プランが、安らぎに満ちた快適な環境をつくりだします。最近の病棟では、多床の病室でも、個室のように患者さまの心を"癒す"スペースの確保が重要なポイントになっています。
こうしたパーソナルな空間での光計画は、天井からの直接照明だけではなく、壁などに照明器具を設置し壁面上部と天井面を照らすことが効果的です。山田照明ならリラックス感のある、やわらかな光環境を提供できます。

Ecology

医療施設のエコロジー

LEDなどの新世代照明は、医療施設で省エネを実践するために欠かせないものです。
器具の選択や配置など使い方を含めて見直すことで、すぐれた省エネ効果と魅力的な空間づくりをかなえます。

省エネルギー社会
地球温暖化防止に向けて省エネ法などの諸制度が整いつつある現在、24時間体制で稼動する病院などでは、事業者単位でのエネルギー管理の義務づけや、エネルギー使用量の把握など、消費量の大きい照明分野での省エネ対策が加速しています。病室や処置室、ナースステーション、ロビー、通路など、病院のさまざまなあかりの工夫が大切です。
消費電力
ビルや病院におけるエネルギーの消費電力割合は、照明が20%〜30%を占めています。日常的に節電を心がけることはもちろん、消費電力が低く熱線の少ないLED照明に交換することが、有効な省エネ手段となります。
長寿命化
LED照明は、従来のランプよりメンテナンスが少なくてすみ、熱線も少ないので、病院のように「安全性」が求められる場所に最適。長寿命で交換の手間を省き、設置場所に応じた明るさを確保しながら大幅なコスト削減を実現します。 LEDモジュールの寿命

医療機器への影響を低減する照明器具

医療施設では精密機器に影響を与える電磁波(ノイズ)の低減が求められます。当社の医療施設向け照明器具* は国際規格CISPR11・CISPR15を満たしている低ノイズ照明器具です。
*YBD-2154/55/56/57/58/59/60、DD-3304/3360
CISPRとは
無線周波数帯における不要電磁波の測定方法と許容値を定める国際委員会(国際無線障害特別委員会)の略称です。CISPR11は産業、科学、医療機器に関する規格、CISPR15は照明機器に関する規格です。
※CISPR規格を満たした製品であっても医療機器などへの影響を保証するものではありません。
CISPR
雑音端子電圧実測値